今回も『染と日本刺繍のタンブラーWS』参加者はご満悦!

まずは、刺繍糸選び。

今回使用する、あけぼの日本刺繍糸は 群馬県で栽培されている蚕の種類で、通常の蚕よりも小さく吐く糸が細いため 一匹辺りに取れる糸の量が少なく、大変希少な刺繍糸。 あけぼの刺繍糸は光沢があり、一本一本の糸が細いため日本刺繍特有のきめ細やかな作品を作りだす事が出来ます。

先生が針の刺し方などをわかりやすく説明。刺繍は昔したことがあるとおっしゃっていた参加者のお二人。とてもお上手にモチーフを刺していかれました。



続いては、ステンシル。筆やアリテックス(顔料)の使い方を講師が実際に見せながら説明していきます。

まるの部分に好みの色でステンシル。


上手に出来上がりました!!

世界に一つのタンブラー、自慢できる逸品です♪( ´▽`)

隣の公園のイチョウの紅葉をバッグに、『ハイチーズ』( ^ω^ )

0コメント

  • 1000 / 1000